チューリップルーム(宮前平)

「お母さんたちから絶大な信頼を集め、熱~い情熱で運営している幼稚園」

「小学5年生になった娘が ”私、チューリップを卒園して良かったな”って今でも話をしています」

宮前平近辺で口コミ評判の高い幼稚園チューリップルームに行ってきました!

 

 

園の入口をカラカラと開け、靴を脱ごうとしたら
部屋の隅にいたウサギが1匹、目に入ってきました。

わ~、楽しそう!年長さんくらいかな?

登園してすぐ、ハイ、と 園長の塩沢節子先生に折り紙で作った作品を手渡しています。

「私に作ってきてくれたの?どうもありがとう」

と、塩沢先生。

先生のこと、大好きなのね。

しお先生:
親の役目はね、子どもができないことをできるように手助けすること、
自己肯定感・自立する力を育ててあげること。
教える、しつけるではなくて、見守って応援することが大事なのね。

保母さんとして幼稚園で勤務されていたしお先生、

「なんか違うんじゃないかなー」

自分の理想とるする幼児教育と現場での違いに直面。

それなら理想の保育ができるような所を自分で作ろうと、
マンションの1室からスタートしたのがチューリップルームの始まり。

今年で17年目になりました。
現在、18名の子ども達が元気に通ってきています。

宮前平公園の目の前にあるチューリップルーム、
子ども達をよく歩かせ、公園でめいいっぱい遊ばせるそうです。

 

見守る・・・

先生の話しを聞いていると、とにかく見守る保育。
情緒面でも、身体面においても子どもの可能性を信じて、
その子ひとりひとりの能力ギリギリのところまで手や口を出さない
目標を到達したら、次の成長のステップに導いていきます。

泣いたりケンカが始まっても「~したらダメよ」とは言わない。

なんでそうなったの?

なんでそう思ったの?

子どもの目線に立って質問し、対話をしながら子ども自身が感じる気持ち。

そこから湧き上がってくる言葉を
しお先生は大事に大事に汲み取っていきます。

取材をしている間も、隣の部屋から

わ~ん

ギャイーン!

と、何人もの子どもの泣き声が聞こえてくる。

でも、誰も「先生、○○ちゃんがー」とか
「~されたー」とか言って
しお先生に泣きついてこないし、
ずっと同じ子の泣き声が長いこと続いている様子がありません。

しお先生:
この年齢の子ども達でも、人気者もいるしそうじゃない子もいる。
それって社会の縮図でしょ。
その中で、自分は他人とは違うということ、
イヤな気持ちになったら、その感情をどう自分で
排除していくのかを体験して身につけていかなきゃね。

子どもに対してだけでなく、お母さん達の気持ちに寄り添ってアドバイスや
教育指導をされていることが先生の取材を通して伝わってきます。

子育ての参考になる話しが盛りだくさんで、取材をしているのに
先生、聞いて、聞いて、ウチの子が・・・と自分の子育ての悩みを
しお先生に話したくなってしまったじもたんスタッフ。

そんなしお先生の子育てヒントがいっぱいの懇談会や勉強会は大人気!

その他、卒園した子どもも参加できるOBお泊まり会もあり、
大きく成長したお兄さん、お姉さん達が年に一回集まります。

お引越ししても、関西や四国など、遠くから参加する子どもさんもいるそうです。

 

最近始めた親子のためのコーチング講座や講演など、
子育てに悩む多くの親御さんの学びの場を
チューリップルームを拠点として、外にどんどん発信していきたい、

と先生はこれからの夢を語ってくださいました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チューリップルーム

川崎市宮前区宮前平2-9-23 ヒカリコーポ

TEL:044-865-6766(FAX同じ)

http://www.tuliproom.com/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    (記事:NATSU 写真:ちえ 取材 : NATSU まゆみん ちえ)