ベビーシッター養成講座「ひまわり」

「そんなこと考えつく人がいるんだ~」というのが最初の印象。

だって百合子さん(ベビーシッター養成講座「ひまわり」代表の市東百合子さん)、
保育業界に20年近く携わったご自身の経験を元に
独自にベビーシッター認定資格講座を作った(@_@)というのですから。

「シッターの需要って結構あるんですよ」と百合子さん。
実はそれもちょっと意外でした。「子供の面倒を見てほしい」というニーズは
確かにあると思いますが、私はベビーシッターよりは親を頼っていましたから、
世の中そんなものかと・・・。

他人が家に入ること、子供を預けることへの不安、贅沢というイメージが一般的、
ということは百合子さんも承知。でも「ベビーシッターを始める」と告知して以来、
百合子さんの保育経験を知る人を中心にシッターの依頼が結構あると言います。
そんな経験から、

「安心感を感じてもらえれば、もっと利用されるサービスになるのでは・・・」

そう思ったのが認定資格講座を考えたきっかけだそうです。

プログラムの肝は「子供というかけがえのない命」に意識を向ける内容を盛り込んでいる点。

「シッターのお仕事は、そういう意識があった上でのものだと思うから」と、
ハウツー以上にこの点を重視しています。こうしたプログラムを通じて
「『ひまわり認定なら安心!』と思ってもらえるシッター集団を作っていきたい」(百合子さん)。

「じもたん読者は小中学生のママが多いですよ」とお話すると、

「子育てから少し手が離れたお母さま方こそ、シッターをやっていただきたいなぁと思います。
 宮前区は特に人の出入りが激しいので小さいお子さんをお持ちのママは孤独になりがち。
 信頼できるシッターさんを利用して、ママが安心して自分の時間を楽しめる、
 そんな過ごし方が当たり前になるといいなと思います」と百合子さん。

ただシッターをして「ありがとう」でなく、そこから地域の先輩ママと若いママの
ちょっとした子育てコミュニケーションにつながっていく・・・そんな風に広がっていくと
素敵だなぁと妄想しました(^^)

百合子さんは今、仲間と一緒に、ベビーシッター普及のために活動をしています。
シッター向け、ママ向けイベントを行っているので、ご興味のある方はぜひこちらもご覧くださいね!

連絡先:himawari.shito@gmail.com