吉川元子音楽教室(鷺沼)

お約束の時間より少し早く着くと、リズミカルで力強いピアノの音色が…。

場所は、宮前区アリーノ(有馬・野川生涯学習支援施設)の2F集会室。

今日お話を伺うのは、「吉川元子音楽教室」吉川元子(よしかわもとこ)先生です! ふだんはご自宅でレッスンされているそうですが、 3ヶ月に一度、アリーノの集会室で 生徒さんを集めて「試し弾き」を催されているそうです。 で、今日はその「試し弾き」の日。

じもたん
こんにちは~。「試し弾き」って何ですか?

吉川先生
場所を変えて広いところで弾くと、自分のできたところ、良くないところが はっきりわかるんです。強制じゃないんですけれど、だいたい皆さん参加されますよ。

じもたん
なるほど。先生の生徒さんはどんな方が多いんですか?

吉川先生
今は下は小学校3年生~上はお年を召した方まで色々です。長く続ける方が多いですね。先日ある生徒さんに「先生に習って四半世紀です」と言われてびっくりしました。

じもたん
すっごいですね~!何年前から教えていらっしゃるんですか。

吉川先生
30年以上になりますね。教えた生徒さんも500人を超えますよ。でも私ね、生徒さんというより“ピアノをいっしょに勉強して行く同胞” だと思っているんです。自分が今まで感じた壁が生徒さんと一致していることも多くて…そのアドバイスができればなあ、と。

ここで、吉川先生のご紹介を。

声楽家のお母さまのもと、3歳からピアノをはじめ、 超難関の東京藝術大学付属音楽高校から、東京藝術大学音楽学部へ。

ご卒業後はポーランドに留学。世界屈指の名門、 ワルシャワ・ショパンアカデミー大学院研究課を卒業されたあとは、 東京文化会館や紀尾井ホールといった一流ホールでのコンサートをはじめ、ポーランドでの海外公演もなさっているという、すご~いピアニストさんです。

じもたん
えっ。先生でもやっぱり壁を感じることがあるんですね?

吉川先生
もちろんですよ~。今も、コンサートのあとはよく落ち込んだりしています。

う~ん。きっと、ご自身の理想がよほど高くていらっしゃるんでしょうね~。

じもたん
今後はどんな活動をされていく予定ですか?

吉川先生

海外に目を向けるより、日本でしっかり活動していきたいなあ、と思っています。ここ「アリーノ」も、私の活動をバックアップしてくれているので、ちょこちょこコンサートをしたりしてね。音楽教室の生徒さんももっと増やしていきたいなあ、と思っているんですよ。

さまざまな学校から先生としてのオファーもあるという吉川先生ですが (実際、東京藝大に2年ほどいらしたことも)、「学校に所属するのは性に合わないの。やりたいことができなくなったりするでしょう」 と、 ほれぼれするようなきっぷのいいお返事!カッコ良すぎます!

そうこうしているうちに、「試し弾き」にいらした生徒さんたちが続々と集まってきました。

20年以上習っているという女性(なんと、茨城県つくば市在住)に先生の魅力を伺ってみると、
「とにかくすごい先生です。ピアノが上手なだけでなく、今、ちょうど必要なことを 的確に教えてくださるところなど、教育者としても本当に素晴らしい方です。なのに先生然とした感じもなく、普通な感じ・・・というか、 同等な感じで接してくださるんです」
と話してくださいました。

先生のレッスンは、曜日・時間は決まっていないそう。 行きたいときに、直接先生に予約して伺うスタイルだそうで、 それにもじもたん一同びっくり。「まあ、クリニックの予約みたいな感じですよ。音楽のお医者さんなんです。」と先生。

小さいお子さんは「レッスンのときは一対一でしっかり指導し、 その後親御さんとのコミュニケーションをきちんととる」そうで、 大人の方には「弾きたいものを、弾けるようになっていただく」のだそう。

また、さまざまな難関をくぐり抜けてきた先生は、 受験生にとってもめちゃくちゃ頼れる存在。 受験のコツもツボもおさえた指導をしてくださいますよ~。

一流のピアニストでありながら、誰にでも分け隔てなくレッスンしてくださる吉川先生。 ご興味ある方は、ぜひ一度コンタクトをとってみてくださいね。 また「先生が奏でる素晴らしい音色を聴いてみたい!」という方は、 「アリーノ」のウェブサイトもぜひチェックしてみて。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「吉川元子音楽教室」
place:川崎市宮前区有馬6-7-23 tel:044-854-2629
mail:motochan@movie.ocn.ne.jp
price: 30分2,000円~(要相談)
※詳しくは、電話かメールにてお問い合わせください。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
( 記事:みみ 写真:ちえ 取材:まゆみん&みみ)